東内科医院、神奈川県伊勢原市桜台4-12-11

サイト内検索 powered by Google
モバイル版ホームページQRコード モバイル版ホームページQRコード

東内科医院は、伊勢原市桜台で開院しています。診療科目は、内科・神経内科・消化器科・循環器科・小児科です。電話番号は0463-93-1311です。

当医院では、患者様のニーズに応えるべく、より詳細にそしてより早期に原因を発見することを目標に、大学病院や総合病院に劣らない充実した医療を心掛けております。また、専門医による各種専門外来も行なっております。

当医院のおすすめ検査



診療受付終了時間について

学会・研究会への参加等の理由により、診療受付終了時間を予告無しに変更する場合がありますのでご了承ください。
受付終了時間は、土曜日を除き午前が11:30まで、午後が18:00までとさせていただいております。

東内科医院インフォメーション

○院長不在による代診のお知らせ
平成28年9月17日(土)は、東邦彦院長が不在の為、北里大学病院の阿久津二夫先生による代理診察となります。
尚、中学生以下のお子様は受診できませんので、ご注意ください。

○担当外来の変更について
もの忘れ外来の梁正淵先生の診察が、平成28年4月より第1・3・5の金曜日午前中に変わりました。

○マンモグラフィ検診について 詳細はこちら
伊勢原市の乳がん検診は平成28年7月1日〜平成29年2月28日となります。受診日は火曜日の14:00〜16:00となっておりますが、現在、予約が取りづらい状況となっておりますので、お早目にご予約ください。

○超音波(エコー)検査について
諸々の超音波検査を随時行っておりますので、診察時またはお電話にてご予約ください。

○各種予防接種について
各種予防接種は、必ず事前の予約が必要となりますのでお電話でご予約の上、御来院ください。(中学生以上のインフルエンザワクチンについては、ご予約は不要です。)

○成人用肺炎球菌ワクチン接種費用の一部助成について 詳細はこちら
平成26年度から平成30年度までの間は経過措置として、各当該年度に65歳・70歳・75歳・80歳・85歳・90歳・95歳・100歳となる方を対象に成人用肺炎球菌ワクチン接種の一部公費負担が実施されます。既に肺炎球菌ワクチンの接種を受けたことがある方は対象外となります。詳細はお問い合わせください。

○肺炎球菌ワクチンについて 詳細はこちら
肺炎球菌ワクチン接種は、事前の予約が必要となりますのでお電話でご予約の上、御来院ください。(費用:税別7,000円)

○睡眠時無呼吸症候群について 詳細はこちら
当院では、ご自宅で簡単に行える睡眠時無呼吸検査を受付けております。詳細はお問い合わせください。

○国民健康保険特定健康診査について
伊勢原市/秦野市/平塚市の特定検診を平成27年6月1日から開始します。
予めご予約が必要です。(社会保険の健康診査も行っております。)

専 門 外 来

お 知 ら せ

ご利用可能なクレジットカード

Visa/MasterCard/JCB/American Express/Diners Club/Discover

最新トピックス & 感染症流行情報

非空腹時の脂質検査を推奨

欧州動脈硬化学会(EAS)と欧州臨床化学・臨床検査連盟(EFLM)は、脂質値の測定を目的としたルーチンの血液検査は、空腹時ではなく非空腹時に行うことを推奨すると発表しました。非空腹時では、一部の脂質において空腹時と比べ若干の上昇が見られましたが、いずれも臨床的に有意な差ではなかったとされています。

糖尿病と認知症

糖尿病と認知症との間には深い関係があります。認知症が糖尿病の病態を悪化させる原因となります。また、糖尿病は認知症の発症・進展にも大きな役割を果たしていることが判ってきました。

腰部脊柱管狭窄症について

主な症状は足腰の痛みやしびれ・脱力などで、足裏に違和感あると訴える人もいます。悪化すると間欠跛行が現れます。間欠跛行とは、少し歩くと足腰に痛みやしびれが起こり少し休むとまた歩けるようになるなど、腰部脊柱管狭窄症の典型的な症状です。脊柱管の状態を確認するためMRI検査を行い診断・治療を行います。また、診断によっては専門の整形外科をご紹介します。

不明熱について

不明熱は、38.3℃以上の発熱が3週間以上持続し、3日間の入院精査あるいは3回の外来診療で診断の確定されないものと定義されています。不明熱の代表的な原因としては、感染症・膠原病・悪性腫瘍の3つがあります。

ピロリ除菌後の胃がん発生について ピロリ菌の除菌治療について

ピロリ菌の除菌治療が10年以上経過しても胃がんの発生がみられることから、除菌後長期間経過しても定期的な内視鏡検査を怠ってはならないと考えられています。除菌後の胃がんを発見するために、定期的に内視鏡検査を受けましょう。

ジカウイルス感染症について

ジカウイルス感染症は、ブラジルをはじめとする中南米で流行が拡大しています。デング熱やチクングニア熱と同様に蚊を介して感染します。症状が軽いため気付きにくいことがありますが、海外の流行地で蚊に刺されてから数日後に軽度の発熱・発疹・結膜炎・筋肉痛・関節痛・倦怠感・頭痛等の症状が見られたら受診しましょう。

梅毒について

梅毒はトレポネーマという病原菌により、性行為(セックス、アナルセックス、オーラルセックス)で感染します。これまでは男性における同性間性的接触での感染が懸念されていましたが、近年では男女ともに異性間での感染が増加傾向にあり、特に女性の増加が報告されています。

お魚アブラ 「EPA/DHA製剤」について

お魚アブラ(EPA・DHA)は、人間の体内で作ることができないので、食事から摂るしかありません。EPA/DHA製剤は、@中性脂肪低下作用、A心血管疾患リスク低減作用、B抗血小板作用・抗不整脈作用、C抗炎症・炎症収束促進作用、D認知機能維持作用の働きがあります。

癌は糖尿病の新たな合併症

最近新たな糖尿病合併症として癌が注目されています。糖尿病の治療中に癌を罹患する割合も高くなっています。バランスのよい食事や肥満対策、運動、禁煙、節酒で糖尿病と癌の両方を予防・改善し、がん検診を受けることが大切です。

糖尿病網膜症について

糖尿病を起因とした眼疾患は、糖尿病網膜症に限られたものではなく、眼瞼・角膜異常、屈折・調節障害、白内障、緑内障、虚血性視神経症、外眼筋障害などの多岐にわたります。網膜症は、失明の主たる原因疾患となっています。糖尿病になってから数年から10年以上経過して発症するといわれていますが、糖尿病の人は目の症状がなくても定期的に眼科を受診し、眼底検査を受けるようにしましょう。

ロコモティブシンドロームについて

ロコモティブシンドロームとは、運動器の障害によって移動機能の低下をきたした状態をいいます。進行すると介護が必要になるリスクが高くなります。筋肉・骨・関節・軟骨・椎間板といった運動器に障害が起こり、「立つ」「歩く」といった機能が低下してしまいます。

サルコペニアについて

サルコペニアとは、加齢に伴う骨格筋・筋肉が減少していることで、筋肉量の低下を意味します。個人差はありますが、40歳前後から徐々に筋肉量の減少傾向が見られ、その傾向は加齢に伴って加速化していきます。高齢者においてはその速度はますます高くなります。

腎臓病に伴う代謝異常について

腎臓機能が低下する原因は多様で、進行した状態においては体液組成を中心とした複数の代謝異常が生じます。代謝異常自体が腎障害の進行因子として作用し、同時に他臓器の障害も進行させることが多くあります。食生活の見直しや生活習慣を改善して、腎臓への負担を減らす生活を心掛けましょう。

骨粗鬆症治療剤について 骨粗鬆症について

骨粗鬆症治療剤デノスマブ(プラリア)は、ヒト型抗RANKLモノクローナル抗体製剤で、骨吸収に必須のメディエーターであるRANKLを特異的に阻害し、6ヵ月に1回、皮下投与する新規骨粗鬆症治療剤です。骨粗鬆症患者における骨折抑制効果が示されております。骨粗鬆症による骨折は、寝たきりを含めて高齢者の生活の質を著しく低下させます。

23価肺炎球菌ワクチン(ニューモバックス)とインフルエンザHAワクチンの併用接種

肺炎発症にインフルエンザウイルス感染が大きく影響しています。インフルエンザに関連する肺炎では高齢者ほど重篤しやすいため、65歳以上の高齢者の方は、23価肺炎球菌ワクチン(ニューモバックス)とインフルエンザHAワクチンの併用接種をお勧めします。

地域包括ケアシステムついて

地域包括ケアシステムとは、重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるように、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される支援体制のことです。
今後、認知症高齢者の増加が見込まれることから、認知症高齢者の地域での生活を支えるためにも、団塊の世代が後期高齢者に突入する2025年を目途に、地域包括ケアシステムの構築が重要とされています。

レストレスレッグス症候群(下肢静止不能症候群)

レストレスレッグス症候群患者さんの症状(脚の不快感)の表現はさまざまで、痛みと表現することもあります。また、夜間に出現又は増強する症状(脚の不快感)により眠りにつきにくく、睡眠中の周期性四肢運動の出現などにより目が覚めるなど、十分な睡眠がとれずに不眠が生じます。さらに不眠が原因で、疲労や日中の眠気が現れて日常生活に影響を及ぼします。当院では専門医による診療を行っております。レストレスレッグス症候群を疑ったときには、お問い合わせください。

マンモグラフィスクリーニング

マンモグラフィスクリーニングによる被ばくによって乳がんを発症するリスクは、救命の便益に比べれば小さいと研究結果が発表されました。

医療法人 東内科医院 〒259-1132 神奈川県伊勢原市桜台4-12-11 TEL.0463-93-1311
各種保険取扱・伊勢原市、平塚市、秦野市特定検診実施医療機関
診療案内医療情報医師のプロフィール当医院へのアクセス医療機器のご紹介パブリシティサイトマップ