HOME > メタボリックシンドロームについて  印刷用ページ
メタボリックシンドロームについて

高血圧症や脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病の大きな要因は、おなかの回りの「内臓脂肪」の蓄積であることがわかってきました。内臓脂肪は運動不足、過栄養、喫煙、ストレスなどの不健康な生活習慣によって蓄積します。内臓脂肪が過剰にたまった「内臓脂肪型肥満」をベースに「高血圧、脂質異常、高血糖」が重複している状態をメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)といいます。

具体的には腹囲が男性で85cm、女性で90cm以上あり、かつ高血圧・高血糖・脂質異常症のうち2つ以上に該当する人のことを指します。

メタボリックシンドロームはそのままにしておくと、動脈硬化が進行し、さまざまな生活習慣病を発症したり、重症化すると生活機能の低下を招くことがあります。メタボリックシンドロームを予防・改善するには、根本原因である内臓脂肪をためない・減らすことです。

特定検診は内臓脂肪をチェックし、メタボリックシンドロームの危険因子を早期に見つけることを目的としています。


メタボリックシンドローム判定の判断基準

メタボリックシンドローム判定の判断基準

 

生活習慣を改善しちゃおう!

運動習慣の徹底

内臓脂肪を減らすためには、日頃から体を動かす習慣を身につけておくことが大切です。活発な身体活動を行うと、消費エネルギーが増えたり、身体機能が活性化したりすることにより、血糖や脂質がたくさん消費されるようになり、内臓脂肪が減少しやすくなります。その結果、血糖値や脂質異常、高血圧が改善されて生活習慣病の予防につながります。

食生活の改善

食べ過ぎや欠食などの乱れた食生活は、内臓脂肪をためる原因になります。バランスのとれた適切な量の食事を心掛けるとともに、食事をする時間や食べ方などにも注意し、1日3食規則正しく食べましょう。

禁煙を実行

たばこは、多くの有害物質を含み、健康にさまざまな悪影響をおよぼします。喫煙は、がんにかかりやすくするだけでなく、動脈硬化を進行させ、脳卒中や虚血性心疾患のリスクも高めます。

さらに詳しく知りたい方は

厚生労働省ホームページ「メタボリックシンドロームを予防しよう」
医療法人 東内科医院 〒259-1132 神奈川県伊勢原市桜台4-12-11 TEL.0463-93-1311
各種保険取扱・伊勢原市、平塚市、秦野市特定検診実施医療機関
診療案内医療情報医師のプロフィール当医院へのアクセス医療機器のご紹介パブリシティサイトマップ