HOME > 骨粗鬆症について  印刷用ページ
骨粗鬆症について

骨粗鬆症は年令の高齢化にともない増加傾向にあります。女性に圧倒的に多い病気で、閉経を迎える50歳前後から骨量が急激に減少し、60歳代では2人に1人、 70歳以上になると10人に7人が骨粗鬆症といわれています。これは、女性ホルモン(エストロゲン)が骨の新陳代謝に関わっているからです。また、年齢や遺伝的な体質、偏食や極端なダイエット、喫煙や過度の飲酒、運動習慣なども骨粗鬆症の原因として考えられており、最近では、若い女性の骨粗鬆症も問題になっています。


骨粗鬆症による骨折に注意!


骨粗鬆症とは

骨粗鬆症は、年をとることや閉経を迎えたことに加えて、食事でのカルシウム摂取不足や運動不足などが原因となって骨のカルシウム量が減少し、骨がスポンジのように粗くなり骨折しやすくなる病気です。閉経後の女性に多く発症するのが特徴で年令の高齢化にともない増加傾向にあります。


骨のカルシウム量について

誰でも高齢になると、ある程度骨量は減っていきますが、生活習慣を整えることで骨量の減るスピードを抑えることができます。また、骨を作る大切な材料のカルシウムの摂取に心がけ、若いうちから十分骨量を増やし「貯骨」しておくことが大切です。骨は20〜30代でもっとも丈夫になりますが、年とともに弱くなっていきます。これは老化に伴い、骨を作る細胞の働きが弱まったり、この細胞に刺激を与える運動量が減ったりすることのほか、腸管からのカルシウムの吸収を助けるビタミンDが不足し、カルシウムの吸収が低下することも骨のカルシウム量不足の原因になり、骨を弱くするのです。


骨粗鬆症の対策

骨粗鬆症になると、初期段階では背骨や腰骨がつぶれて背が低くなったり、背中や腰が丸くなり痛みが生じたりするだけですが、病気が進んできますと骨折しやすくなってしまいます。骨粗鬆症と診断された場合は、骨のカルシウム量を増やすとともに、転んで骨折することを防ぐことが大切です。 なぜなら、転倒による骨折が高齢者の寝たきりの大きな原因のひとつになっているからです。


骨粗鬆症治療剤について

骨粗鬆症治療剤デノスマブ(プラリア)は、ヒト型抗RANKLモノクローナル抗体製剤で、骨吸収に必須のメディエーターであるRANKLを特異的に阻害し、6ヵ月に1回、皮下投与する新規骨粗鬆症治療剤です。骨粗鬆症患者における骨折抑制効果が示されております。骨粗鬆症による骨折は、寝たきりを含めて高齢者の生活の質を著しく低下させます。


医療法人 東内科医院 〒259-1132 神奈川県伊勢原市桜台4-12-11 TEL.0463-93-1311
各種保険取扱・伊勢原市、平塚市、秦野市特定検診実施医療機関
診療案内医療情報医師のプロフィール当医院へのアクセス医療機器のご紹介パブリシティサイトマップ