HOME > 甲状腺機能亢進症(バセドウ病)について  印刷用ページ
甲状腺機能亢進症(バセドウ病)について

バセドウ病は女性では100人に1人の頻度でみられる病気で、決して稀なものではありません。自覚症状がなくなっても治ったわけではなく、いつ薬をやめるか、薬物治療以外の治療に切り替えるかなど難しい点があります。甲状腺専門医と相談しながら治療することをお勧めします。


バセドウ病について!


甲状腺機能亢進症とは

甲状腺から甲状腺ホルモンが多量に分泌され、全身の代謝が高まる病気です。甲状腺機能亢進症とバセドウ病は同じ意味に使われていますが、厳密には違います。バセドウ病以外に無痛性甲状腺炎、亜急性甲状腺炎、機能性甲状腺炎でも甲状腺ホルモンが過剰になります。


バセドウ病の原因

血液中にTSHレセプター抗体(TRAb)ができることが原因です。この抗体は、甲状腺の機能を調節している甲状腺刺激ホルモン(TSH)というホルモンの情報の受け手であるTSHレセプターに対する抗体です。これが甲状腺を無制限に刺激するので、甲状腺ホルモンが過剰につくられて機能亢進症が起こります。このTRAbができる原因はまだ詳細にはわかっていませんが、甲状腺の病気は家族に同じ病気の人が多いことでもわかるように、遺伝的素因が関係しています。


バセドウ病の症状

甲状腺ホルモンが過剰になると全身の代謝が亢進するので、食欲が出てよく食べるのに体重が減り(高齢は体重減少のみ)、暑がりになり、全身に汗をかくようになります。精神的には興奮して活発になるわりにまとまりがなく、疲れやすくなり、動悸(どうき)を1日中感じるようになります。手が震えて字が書きにくくなり、ひどくなると足や全身が震えるようになります。イライラして怒りっぽくなり、排便の回数が増えます。大きさに違いはありますが、ほとんどの症例で軟らかいびまん性の甲状腺腫が認められます。バセドウ病では眼球が突出するとよくいわれますが、実際には5人に1人くらいです。

−チェックリスト−

@真冬でも汗をかくようになった

A暑がりになった

B脈が速く、動悸を感じる

C些細なことでイライラして、怒りっぽくなった

D疲れやすく、体力が落ちたと感じる

E少し動いただけでも息切れを感じる

F食欲が高まり、常に空腹に感じる

G1日に何回も便が出たり、自然に便秘が治ったりしている

H食事の量は減っていないが、体重が減った

Iじっとしていると落ち着かない

J眼が出たり、見開いたようになった

K手が細かく震えて字が書きにくい

Lいつも手のひらが湿って温かい

※ 6つ以上当てはまる人は、バセドウ病の可能性があります。


医療法人 東内科医院 〒259-1132 神奈川県伊勢原市桜台4-12-11 TEL.0463-93-1311
各種保険取扱・伊勢原市、平塚市、秦野市特定検診実施医療機関
診療案内医療情報医師のプロフィール当医院へのアクセス医療機器のご紹介パブリシティサイトマップ