HOME > 帯状疱疹を予防するワクチンについて  印刷用ページ
帯状疱疹を予防するワクチンについて

帯状疱疹は、50歳以上の高齢者に多い病気でしたが、最近では20〜30歳代の若い年代にも増加しているといわれます。帯状疱疹は他人にうつることはあまりありませんが、水膨れの中には原因となるウイルスがいて、水疱瘡にかかったことがない人にはうつる可能性があります。この場合、水疱瘡と同じ症状が出ます。水膨れが治るまでは、水疱瘡にかかっていない乳児や子供・妊婦には接触しないようにしましょう。


帯状疱疹予防に水痘ワクチンが有効!

水痘ワクチン接種は、随時受付を承っております。

 水痘ワクチン接種費用 \8,000(税別)

帯状疱疹とは

帯状疱疹は、水疱瘡と同じ原因ウイルスによって起こる病気です。水疱瘡は多くの人が子供の頃にかかり、発症後1週間程度で治りますがウイルスが消滅したわけではありません。神経の細胞が集まった体の神経節に隠れて何十年も潜伏し続けることがあります。そして免疫力が低下したときにウイルスが復活します。免疫力が低下する原因として過労やケガ・大きなストレス・病気・手術・免疫抑制薬の使用・高齢化などがあります。免疫力の低下によって復活したウイルスは、神経節から出て活動を再開し皮膚に帯状の水膨れを作る症状から帯状疱疹といわれます。


帯状疱疹後神経痛とは

帯状疱疹にかかってしまうと、抗ウイルス薬によって帯状疱疹は治りますが、後遺症として帯状疱疹後神経痛になってしまうことが多くあります。この帯状疱疹後神経痛は、局所麻酔薬による神経節ブロック注射が行われたり、様々な内服薬を投与することになりますが、残念なことにそれらが有効でないケースも多くみられます。帯状疱疹後神経痛は、特に高齢者などでは神経痛のせいで鬱症状を起こしたり、場合によっては食事もとれないほどになることもあります。実際にこの帯状疱疹後神経痛になってしまわれた方は大変な苦労をされています。50歳以上の方や糖尿病や膠原病・悪性腫瘍の治療中などで合併症があり、免疫低下のリスクがある方などは、特に注意が必要といわれています。


帯状疱疹の症状

症状は、皮膚にチクチクするような痛みが起こることから始まり、痛みを感じた場所にブツブツとした赤い発疹ができ、小さな水膨れとなって帯状に広がります。この症状は、特に胸から背中・腹部などによくみられます。他には顔や手・足にも現れますが、症状が現れるのは体の左右どちらか片側だけであり、一度に2ヵ所以上の場所に現れることはほとんどありません。


水痘ワクチンが有効

現在、日本で使用されている水痘ワクチンは、水疱瘡予防を目的としていますが、帯状疱疹の予防に関しても充分効果が期待できます。水疱瘡が治った後に原因ウイルスは神経節に隠れてしまいますが、水疱瘡に感染しなければ帯状疱疹発症は理論的に発症しません。小児期に、水疱瘡ワクチンを使用することは水疱瘡予防だけではなく、将来の帯状疱疹の予防にもつながります。


医療法人 東内科医院 〒259-1132 神奈川県伊勢原市桜台4-12-11 TEL.0463-93-1311
各種保険取扱・伊勢原市、平塚市、秦野市特定検診実施医療機関
診療案内医療情報医師のプロフィール当医院へのアクセス医療機器のご紹介パブリシティサイトマップ