HOME > 高齢者の転ばない暮らし方について  印刷用ページ
高齢者の転ばない暮らし方について

転倒・骨折は、寝たきりや要介護の主要な原因の一つになります。年齢を重ねても健やかで実りある日々を送りためには、転倒・骨折を予防して、自立した日常生活を送ることが大切です。救急搬送された65歳以上の方の80%は、転倒が原因でのケガです。また、高齢女性の骨折のうち80〜90%以上は転倒が原因です。ご自分と大切な方が転ばないための暮らしをはじめましょう。


転倒・骨折を予防しましょう!

転びやすい状態について

過去1年間に転んだ経験がある人は、その後の1年間に再び転ぶリスクが約5倍になるといわれています。歩く速度が遅くなったと思う人や、杖を使っている人、背中が丸くなってきた人、薬を5種類以上毎日飲んでいる人は転びやすい状態ですので、注意が必要です。


転ばないための習慣

転ばないからだづくりが大切ですが、転倒は毎日の習慣とも大きくかかわっています。日頃からよくからだを動かし、無理なく楽しく自分にあった運動を続けましょう。

−こまめにからだを動かそう−

日常生活での家事や外出、通勤なども含めて運動ととらえて続けましょう。

−日光を浴びて散歩しよう−

日光を浴びると皮膚でビタミンDが作られます。ビタミンDには骨を丈夫にしたり、筋肉やバランス力を高める効果があり、転びにくいからだをつくることがわかってきました。

−無理なく楽しくエクササイズを続けよう−

自然に楽しく続けられるエクササイズを習慣にしましょう。

−足の裏の感性を磨こう−

足には手と同じくらい敏感な感性と運動機能があります。裸足や鼻緒ものを履くなど心がけましょう。足指じゃんけんもおすすめです。

−こまめに水を飲もう−

水分不足はからだに変調をきたしやすく、転びやすい状態を招きます。のどが渇く前に、こまめに水分補給の習慣をつけましょう。起床後と就寝前の水分補給は基本にしましょう。


転ばないための住まいづくり

高齢者の転倒の多くは、家の中で起こっています。家の中で転ばないためにも、日頃から転びにくい生活環境を整えましょう。

−転ばないためのチェックポイント−

@ 床の上には、なるべく物を置かないようにしましょう。

A 部屋の家具や小物は整理しましょう。

B ペットの動きに注意しましょう。

C 絨毯やマットの端に足が引っかからないように固定しましょう。

D コード類を隅か壁に固定しましょう。

E 見えづらい場所の照明やスイッチを工夫しましょう。

F 収納位置は無理のない姿勢で出し入れできる位置にしましょう。

G 部屋の中では滑りにくい履物で歩くようにしましょう。

H 階段やトイレには、手すりをつけましょう。

I 滑りやすい場所には、滑りにくいマットなどを利用しましょう。


医療法人 東内科医院 〒259-1132 神奈川県伊勢原市桜台4-12-11 TEL.0463-93-1311
各種保険取扱・伊勢原市、平塚市、秦野市特定検診実施医療機関
診療案内医療情報医師のプロフィール当医院へのアクセス医療機器のご紹介パブリシティサイトマップ