Tel:0463-93-1311休診日:木・日・祝


熱中症対策について

熱中症は気温などの環境条件だけではなく、人間の体調や暑さに対する慣れなどが影響して起こります。気温がそれほど高くない日でも、湿度が高い・風が弱い日や、体が暑さに慣れていない時は注意が必要です。運動会シーズンも到来しますので、熱中症に注意しましょう。

熱中症とは

熱中症とは暑熱環境で発生する障害の総称で、めまい、失神、頭痛、吐き気、気分が悪くなる、体温の異常な上昇、異常な発汗などの症状があります。

熱中症の分類

-軽症-(日陰で休む・水分補給・衣服を緩めるとともに体を冷やす)
めまい・立ちくらみ・気分が悪い・手足のしびれ・こむら返り(筋肉の痛み、硬直など)

-中等症-(病院にかかり補液を受ける必要がある)
頭痛・吐き気・嘔吐・体がだるい・虚脱感

-重症-(救急車で救命医療を行う医療施設に搬送し入院治療の必要がある)
返事がおかしい・痙攣・まっすぐに歩けない・体が熱い・意識喪失

熱中症の原因

○ 気温が高い

○ 湿度が高い

○ 風が弱い

○ 日差しが強い

○ 閉め切った屋内

○ エアコンの無い部屋

○ 急に暑くなった日

○ 熱波の襲来

特に注意が必要な人

○ 特に注意が必要な人

○ 65歳以上の高齢者

○ 肥満の人

○ 体調の悪い人

○ 持病のある人

○ 持病のある人

スポーツ活動時の注意点

湿度が低い場合でも、気温が35℃以上のときは特別な場合を除き運動を禁止します。31℃以上のときは激しい運動は中止し、体力の弱い人や暑さに慣れていない人などには禁止します。また、湿度が高い場合は、気温27℃以上で運動を禁止します。24℃以上では激しい運動を中止し、体力の弱い人や暑さに慣れていない人などには禁止します。
気温27℃以上では、室内外冷却や直接的な体内や体表面の冷却により体感温度を下げて、体内の水分・塩分が失われないような環境を作ることが重要です。

熱中症対策

① 涼しい服装で、日傘を差したり帽子を被りましょう。

② 日陰を利用し、こまめに休憩をとり無理をしないようにしましょう。

③ のどが渇いてなくても、こまめに水分をとりましょう。

④ 汗をかいた時には、水分と塩分を補給しましょう。



ご利用可能なクレジットカード

  • カードでのお支払いは、負担金が5,000円以上の場合にお受けしております。
  • クレジットカード

  • 電子マネーもご利用頂けます。
  • マネーカード

↑ PAGE TOP